知識ゼロからのお金の増やし方節約し貯金できる家計の作り方>収入に対する家賃の目安・割合はどのくらい?

収入(手取り)に対する家賃の目安・割合はどのくらい?

家賃という固定費は見直すことができれば劇的な家計改善効果が得られる場合があります。よく収入の1/3(3割)といわれますが、これはあくまでも目安です。安ければ安い方がいいに決まっています。住まいに対するコダワリもあるでしょうが、節約・倹約を考えるのであれば家賃は節約しましょう。


スポンサーリンク

家賃は家庭内支出の中でも最も大きい「固定費」

支出を見直す時に固定費から削減するというのは、節約・倹約術のセオリーです。
その中でも最大の固定費となっているのが「家賃」ではないかと思います。

 

不動産業界ではおおよそ収入の3割~1/3というのを目安として説明する傾向があるようですが、この水準は高すぎるように思います。

 

可能であれば20%~25%くらいに抑えるのが正しい家賃ではないでしょうか?

もっとも、東京都心で働いている人などはどうしても賃料水準が高いところに住まざるを得ないというケースも多いでしょう。

 

安い賃料を求めて、郊外の方まで行ってしまい、毎日通勤に1時間以上かかるといったような事になると、今度は交通費と通勤時間の無駄遣いになります。

 

せっかくの住まい。いいところに住みたい

もちろん、こうした考え方もあるかもしれません。
ただし、すまいというのは意外と「慣れる」ものです。下手にお値段の高いマンションなどに住んでしまうと、そこからグレードを落とすのに苦労することにもなりかねません。

 

住宅費用というのは固定費の中でも最大の存在になるわけですので、許す限りやすいところに住むというのはお金を上手に貯めていく上で有効な手段の一つでしょう。

 

スポンサーリンク