簡単にできる家計簿の付け方

家計を「見える化」することは、自分のお金の使い方を知る上でもとても大切なことです。そのために役立つのはやはり「家計簿」です。完璧な家計簿も良いですが、スマートフォンのアプリなどを使った簡易的なものでも大丈夫です。とにかく、どのようにお金が動いているのかを知ることが大切です。


スポンサーリンク

家計簿のつけ方は「手軽にできるレベル」でOK

家計簿というと小遣い帳のようなノートにつけるという印象をお持ちでしょうか?あるはPCのエクセルや専用ソフトなどで管理するというイメージをお持ちでしょうか?

 

基本的に家計簿というものは「自分で自分のお金の使い道がわかればいい」ものです。

 

節約や貯金のために「1ヶ月に何にどれくらいお金を使っているのか知りたい」というのであれば、項目は単純化するべきです。そしてある程度「大雑把」であっても情報としては十分といえます。

 

家計簿のつけ方①:自動計算ソフトで楽しよう

家計簿をつける中で一番楽なのが「自動計算ソフト(ツール)」を使うというものです。
代表的なものとして「Money Foward」などがあります。
これは銀行預金の入出金履歴、クレジットカードの利用状況などを自動的に集計して管理してくれるもので家計簿機能もついています。

 

銀行への入金を収入、出金を支出、クレジットカードの利用を支出として自動的に集計して収支を出してくれます。銀行の出金を必要に応じて細かく行い、可能な場面ではクレジットカードで支払をすることで自動的につくられる家計簿でも十分な結果を見ることができます。

 

特に、クレジットカードでの利用の場合は「どのお店で使ったか?」までが自動的につけられてそれを「食費」「日用品」「美容」といったように分類ができるのでとても使い勝手が良いです。

 

 

家計簿のつけ方②:家計簿をつけながら、節約について勉強する

宣伝のようになってしまいますが、「細野真宏のつけるだけで「節約力」がアップする家計ノート」という本はお勧めです。パソコンやスマホではどうしても・・・。という方にお勧めのアナログ家計簿です。

 

シンプルに家計簿をつけることができるので続けやすいです。

家計簿をつけながら、下の方に書いてある節約コラムなどは非常に参考になります。余所のご家庭では○○円くらい使っているといった統計情報なども自分の家計と比べることができて参考になります。

 

課題はカレンダータイプなので、年の途中から始めるというのがちょっともったいないということでしょうか。手帳と同じように来年から書くぞ!という場合にお勧めです。

 

 

スポンサーリンク