ATMの手数料が無料の銀行を使う

銀行に預けたお金を銀行やコンビニATMなどで引き出す時にかかる手数料(ATM手数料)は払わないようにしましょう。 ネット銀行を活用したり、各銀行の優遇サービスなどの適用となることで大抵のケースでは無料化することができるはずです。


スポンサーリンク

無駄なATM手数料は払わない。コンビニATMだって手数料無料

ATMでお金を下ろすという機会はそれなりにあるはずです。
そうした時に、100円程度とはいえ、手数料を取られてしまうのはやっぱり無駄です。

 

一方で、都市銀行などではATMの有料化に舵をきっており、有料化されてしまったという方も少なくはないのではないでしょうか?

 

そういう方におすすめなのはネットバンク(ネット銀行)を使うという方法です。

 

多くのネットバンクでは、自社ATMが無い代わりに、コンビニATMを手数料無料で開放している銀行も多数あります。いかにその一例をあげていきます。
(参考元:コンビニATM・ATM手数料でネットバンク比較

 

ソニー銀行
セブン銀行ATM:無料
イーネットATM:無料(回数制限あり)
ローソンATM:無料(回数制限あり)
※その他、ゆうちょ銀行ATM、三井住友銀行ATM、三菱東京UFJ銀行のATMが回数制限はありますが、ATM手数料無料で利用可能。(回数制限は制限のあるATMで月4回まで利用可能)

 

住信SBIネット銀行
セブン銀行ATM:無料
イーネットATM:無料(回数制限あり)
ローソンATM:無料(回数制限あり)
※その他、ゆうちょ銀行ATMが回数制限ありの手数料無料で利用できます。回数制限は制限のあるATMで月5回まで無料です。

 

ジャパンネット銀行
セブン銀行ATM:無料(回数制限あり・条件付き)
イーネットATM:無料(回数制限あり・条件付き)
ローソンATM:無料(回数制限あり・条件付き)

 

楽天銀行
セブン銀行ATM:無料(回数制限あり・条件付き)

 

 

このようになっています。ネットバンクでいえば、ソニー銀行か住信SBIネット銀行だとセブンイレブンでは無制限にATM手数料無料で入出金が可能となっています。もしも、銀行の入出金等でATMを手数料を支払うことがあるという方がいれば、生活用の銀行としてこのようなコンビニATMをタダで使える銀行を持っておくと何かと便利です。

 

コンビニATMだとほぼ24時間お金を下ろすことができる上で、土日祝日だって利用することができます。振込などはできませんが、それらはオンライバンキングからやった方が手数料が安いことを考えると、ATMの利用はコンビニATMが圧倒的に有利(お得)だと思います。

 

スポンサーリンク