知識ゼロからのお金の増やし方普通の人におすすめの資産運用>若い人はなぜ投資でリスクをとれるのか?

若い人はなぜ投資でリスクをとれるのか?

若い人は投資でもリスクが取れると言われています。それは「収入を増やすための方法」でも書いていますが、若い人は「自分が稼げるお金」がまだまだたくさんあるので、投資で痛手を負ったとしてもそれを稼ぎで十分にカバーすることが可能だからです。一方で、自分で稼ぐことができない高齢者はそうしたリスクをとることはできなくなります。


スポンサーリンク

若い人は投資で失敗しても取り返すことが可能

若い人がリスクをとれる理由については「また稼ぐことが可能」だからです。「人がもつ最大の資産は「労働力」」でも説明したとおり、若い人は労働力(人的資本)をたくさん持っています。

 

仮に平均的に1億円の人的資本を持っているとしましょう。一方で金融資産は500万円だとします。
人的資本(労働力)も資産だとすれば、1億500万円の資産を持っていることになります。

 

その中の、500万円を多少リスクのある投資に回したとしても、資産全体から見ればリスクはさほど多く取っていないと考えることができます。これが若者が投資でリスクをとれる理由です。

 

働き方によっても差はある

しかしながら、先のページでも紹介していますが労働力(人的資本)の大きさは普遍的なものではありません。

 

働き方、能力、健康状態などによっても変わってきます。先が見えない仕事についているというのであればそのリスクを加味して労働力(人的資本)は割り引いて考える必要がありますから、起業家のような働き方をしている人は、金融資産でのリスクは取れないでしょう。

 

 

中高年以降は「老後」も視野に入れる必要がある

一方で、中高年になってくると「働ける期間」が短くなりますのでどうしても残りの労働力(人的資本)は小さくなります。
となってくると、現在保有している金融資産から老後に必要なお金を考えた上でどのくらいのお金をリスクマネーとして投資に回すことができるのかを考える必要があるわけです。

 

こう考えると、全体的な割合でいえば、リスクをとった投資が若い人よりも高齢者はできなくなるわけです。

 

スポンサーリンク