銀行預金の活用方法

銀行預金というのは、私たちが運用する手段の中でも最も親しみのもてるものかと思います。多くの方が運用とは考えずに銀行預金(普通預金)に預けているように、生活と密着したお金の運用方法となります。また、運用という手段だけでなく、日々の決済手段としても銀行預金は利用されます。

運用性は低いですが、その特徴を理解して上手に活用しましょう。


スポンサーリンク

銀行預金の活用術や金利や利子などの基本的仕組みを解説

銀行預金は私たちの日常生活において非常に密接した金融商品となっています。
超低金利時代が続いていることから「運用性」についてはほとんどゼロに近い水準になっていますが、元本保証という安全性から資産の大部分が銀行預金に預けられている。という方も少なくないかと思います。

 

このページでは「普通の人にお勧めの資産運用」として積極的な運用ではなく、ライトに始められる運用手段として銀行預金の特徴や定期預金などによる運用、銀行を利用する上での注意点や活用法などを紹介していきます。

 

銀行預金の基本

銀行預金や銀行を利用する上での資産運用の基本を紹介します。

 

  1. 現金・普通預金の最大の長所は「自由度の高さ」
    銀行預金(普通預金)最大の魅力はその「流動性の高さ=換金性の高さ」にあります。生活費や万が一の場合のお金など、一定範囲のお金は現金や普通預金で確保しておくと安心です。
  2. 定期預金なら金利の高いネットバンク、ネット支店を使う
    銀行預金でもある程度の収益性を期待するなら普通預金ではなく「定期預金」の方が有利です。その中でもネットバンクといったより魅力的な金利を提供している銀行を使いましょう。

 

銀行預金や銀行を資産運用目的で利用する時の注意点

銀行預金、銀行のサービスを資産運用目的で利用する時に注意しておきたい点を紹介していきます。

 

  1. 1000万円以上の銀行預金は危険
    銀行にお金を預けるのであれば、一つの銀行あたり「1000万円以内にする」というのは基本です。理由はそれ以上の預金には「リスクがある」からです。
  2. 外貨預金は超が付くボッタクリ商品
    外貨預金に関しては基本的には「利用しない」のが一番です。為替手数料や金利などで手数料が高過ぎていて魅力度がありません。外貨預金をするくらいならFXの方が100倍有効です。
  3. ・銀行で投資信託は買ってはいけない
    銀行で販売されている投資信託は基本的には買うべきではありません。ラインナップが少ないですし、何よりも窓口販売されている投信は手数料が高すぎます。

 

スポンサーリンク