債券(国債・社債)の活用方法

債券(国債・社債)は、一定期間債券の発行体に対して「お金を貸す」ことで利息(クーポン)を受け取ることができるという投資です。国債のようにリスクの極めて低い投資がある一方で、リスクのある社債や複雑な仕組みを持った仕組み債といった債券も存在しています。

 

債券投資は個人投資家が行う場合は「ローリスク・ローリターン」あるいは「ミドルリスク・ミドルリターン」の運用として利用できる運用商品です。注意点などを理解した上で債券投資を資産運用に活用しましょう。


スポンサーリンク

債券を普通の人の資産運用に組み込むには?

債券投資は非常に大きなマーケットです。
その一方で多くの取引は機関投資家向けであり、数十万円、数百万円といった投資は債券投資の世界では「小口」です。

 

その一方で、国債などの分野では個人投資家向けに発行されることも増えており(個人向け国債や新窓販国債)、企業が発行する社債にも「個人向け社債」と呼ばれるような小口投資が可能な債券が登場しています。

 

ここでは、普通の投資家が債券に投資をする上で気をつけたいことや、債券投資のポイントなどを紹介していきます。

 

債券投資をする上で理解しておきたい基本

債券に投資をする上で抑えておきたい基本的なポイントを解説していきます。

 

  1. 債券(社債や国債)に投資をする上で知っておきたいリスク
    債券は万が一、債券を発行したところが「返済できない」場合に元金が戻ってこなかったり、利息が支払われないというリスクがあります。

 

個人投資家にお勧めの債券投資

以下は個人投資家が始める上で役に立つ債券への投資について紹介していきます。

 

  1. 安全でインフレ対策にもなる個人向け国債の賢い買い方
    個人が購入できる債券の中でも最も低リスクでお勧めのものが「個人向け国債」と呼ばれる国債です。購入単位が低く、投資のリスクも低いため債券投資の入門としてもお勧めです。

 

 

スポンサーリンク