知識ゼロからのお金の増やし方収入の増やすための方法>共働きで考えておくべき家計管理のコツ

共働きで考えておくべき家計管理のコツ

共働きで家計全体の収入が増えることは歓迎すべきことですが、上手に家計管理をしないとお互いで不満がたまったり、無駄な支出が増えてしまうことになるケースもあります。まずは共働きをする家庭で上手に家計を管理するポイントを紹介します。


スポンサーリンク

共働きで失敗しないために

共働きは「収入面」だけをとらえると、家庭にとってはプラスになります。
ただし、共働きを選択したがゆえに家庭内で不協和音が漂ったり、結婚生活がうまくいかないという事態だけは避けたいものです。「なんか自分だけ多く払っているんじゃないの?」という疑念を持つと、それが原因で家庭内が不穏な雰囲気になることもあります。

 

また、共働きをしてお互いがお互いのお金を管理することで、逆に無駄な出費や家計内のお金の流れがブラックボックス化することで支出面での問題を抱えるケースもあります。

 

共働きをするときは家庭のお金についてしっかり話し合う機会を作ろう

一番大切なのは家庭の将来についての話をじっくりとすること。そして情報を開示することです。

 

  1. 夢や目標を話し合い同じ方向を向く
    子供のことやマイホームのこと、暮らし方、将来の夢や希望など。夫婦で話し合い、家族としてのライフプランを立てて、お互いでそれを共有することが大切です。
  2. 収入や貯金は不透明にしない
    お互いが受け取っている収入や現在の預貯金等のお金について開示しあいましょう。共働き過程で両方ともフルタイムというケースではお互いのお金はそれぞれが管理というケースが多いですが、それぞれのことが分からない状態では家計管理をすることはできません。
  3. 個別負担ではなく、全体での支出と貯金を決める
    家賃は夫、食費は妻といったように支出ごとに支払者を分けているケースもありますが、それだと家計の動きが分かりにくいです。家庭内の予算は合算した収入から考え、そこからどのくらいを貯金するのかということを話し合いましょう。

スポンサーリンク