知識ゼロからのお金の増やし方収入の増やすための方法>年収というのは「総支給」それとも「手取り」?

年収というのは「総支給」それとも「手取り」?

転職の面接などで現在の年収はいくらですか?といった質問を受けるほか、ローンやクレジットカードなどの審査などでも「年収○○万円以上」といったような表記を見ることがあります。この「年収」というのは一体どのお金のことを指しているのでしょうか?総支給でしょうか?それとも手取りでしょうか?


スポンサーリンク

年収=支給額

年収というのはサラリーマンの給与明細で言うところの「総支給」にあたります。
基本給に加えて諸手当などを合計した金額となります。額面金額と呼ばれることもあります。また、年収には「賞与(ボーナス)」も含みます。

交通費(通勤費)については取り扱いが微妙に異なります。

 

 

そして、手取りというのは、この総支給から、所得税や住民税などの税金、厚生年金保険料や健康保険料などを差し引いた金額となります。

 

 

源泉徴収票をみたら年収は一発でわかる

サラリーマンの方でしたら毎年1月ごろに会社から「源泉徴収票」という書類を受け取るかと思います。以下のような書類です。

(画像出所:知っておきたい源泉徴収票の見方、読み方、使い道

 

源泉徴収票における「支払金額」と書かれている部分がいわゆる「年収」と呼ばれる部分になります。

 

 

通勤費(交通費)は年収に含めるか?

細かいことですが、普通は年収に「含まない」ということになります。

ただし、支給されている交通費が税法上の課税対象となるのであればその分は年収に含まれます。

 

たとえば、片道10km未満の人は税法上の通勤交通費として認められるのは月4200円までです。これを超えた分については、課税対象となります。仮に月1万円が交通費として支給されている場合、差額の5800円は給与とみなされるので年収に入りますが、4200円分は交通費なので年収に含まれません。

 

ちなみに、ややこしいのですが、社会保険上の収入という意味では交通費は全額収入(報酬)として扱われます。

 

スポンサーリンク