知識ゼロからのお金の増やし方収入の増やすための方法>若い人ほど考えるべき「自分の価値」と自己投資

若い人ほど考えるべき「自分の価値」と自己投資

「自分の価値」を金銭的なものに例えると労働可能な期間が長い若い人の方が当然高くなります。また、その価値を何らかの方法で高めることができれば、生涯年収では大きな差を生じさせることもできます。「自分への投資」という言葉もありますが、投資によって自分の価値を高めることができれば「転職」などを通じてより高く自分を評価してくれる場に移ることも可能です。


スポンサーリンク

生涯賃金(収入)と自己投資

自己投資によって収入がアップするとした場合、その効果が大きくなるのは若い人です。

仮に自己投資によって年収が10%アップするとした場合、その恩恵を長期間受けることができる若人ほどその効果が高いということになります。

 

自分への投資によって得られるリターンが大きくなるわけです。

 

そのたえ、大学生や20代といったように若いうちは、自分がより収入を得られるために、労働市場においてより高く評価されるように自分自身の能力を高めることに注力することが重要です。

 

自己投資にはどんなものがあるのか?

まだ、将来どうなるかがわからない大学生の方は読書や大学の勉強をしっかり頑張って修める、コミュニケーション力を高めると言ったことが大切になるでしょう。

 

既に就職して、仕事をしている人で今後も同じ仕事を続けたいと考えているのであれば、よりステップアップするための勉強・資格取得などが自己投資になるかと思います。
また、現状が思い描いていたものと違う、という方は新天地を求めるための勉強や経験を積むというのも自己投資になります。

 

スキルアップ・資格

非常に分かりやすいものの一つです。たとえば、不動産業をやっているなら宅建、法律関係で働くなら行政書士・司法書士・弁護士といった具合に仕事に直結するような資格やそれに関する知識を身につけることは自己投資の定番となります。
語学力や今の仕事の周辺領域の知識と言ったものも同じですね。活用してこそのスキルとなりますので、資格ハンターになるのではなく目的を明確にして資格取得やスキル習得を目指しましょう。

 

仕事の経験値を高める

どんな仕事をして、どのようなことを成し遂げたのか?ということは、労働市場において自分をPRするための最大のポイントともいえます。特にキャリア採用のような中途採用では、即戦力が求められますので、経験や能力が重要視されます。それを示す一つが「実績」です。
どれだけ資格を持っていても、それで「何ができるのか?」が示さなければ価値は低いです。日々の仕事を漠然とこなすのではなく、目的を持ち成し遂げることを経験として積みましょう。

 

読書する

読書などによって自分の知識の幅を広げたり、色々なテクニックを身につけるというものも一つです。ほとんどの場合、さほど大きな出費もなく始めることができます。
もちろん、読書数だけでレベルが上がるわけではありませんが、無駄になる知識というものはほとんどありません。また、読書によって得たものは実行することで見になると思います。

 

人脈を広げる

特に社会人になると仕事以外での出会いというものは少なくなります。
セミナーなどを通じて人と会い、それを通じて人とのつながりを増やすというのは様々なビジネスを行う上で重要です。ただし、こうした人脈を広げるというとき「何かしてもらおう」とか「自分にとって役立つ人とつながりを持とう」という考えだと難しいです。
「自分の専門性や知識、経験などを誰かに役立てたい」という気持ちを持って臨むと良いかと思います。

スポンサーリンク