知識ゼロからのお金の増やし方収入の増やすための方法>インターネットを活用した副業の方法と特徴

インターネットを活用した副業の方法と特徴

サラリーマンをやりながらでも続けることができそうなインターネットを活用した副業についていくつか紹介していきます。ネットショップの開業や、ホームページやブログでの広告収入を得ると言ったものまで多数あります。ここではそうしたネットで副収入を得る手段とそれぞれの長所、短所などを紹介していきます。

ネット副業の基本

インターネットを活用した副業の多くは「WEBサイト」を活用した形になります。
WEBサイト(ホームページ)はインターネットを通じて世界中に情報を発信することができます。
たとえば、この記事は福岡県で2014年8月13日に書いています。

 

しかし、このページを読まれている方は、福岡の方ばかりではないでしょうし、読んでいるタイミングも執筆日よりも随分後ではないかと思います。

WEBサイト(ホームページ)というものは、場所や時間にとらわれず情報を発信することができるツールなのです。

 

WEBサイトを副業にどうやって活用するのか?

わかりやすい例の一つとして「ネットショップ」などがあるでしょう。

 

インターネット上に買い物ができるWEBサイト(ネットショップ)を作っておけば、そのショップを見つけたユーザーがお買い物をするというものです。
商品が売れた場合はショップオーナーであるあなたに売上が入金されるわけです。

 

他にも、自分が運営しているホームページやブログに「広告」を掲載して、ユーザーがそれを見たり広告をクリックしたりすることで広告料を受け取れるというようなサービスもあります。

 

また、自分で何かしらのサービスを提供することだってできます。ホームページにお問い合わせフォームなどを設置して、相談にのると言ったようなものも挙げられます。

 

以下では、インターネットを活用した副業としてお勧めできる副業・副収入をえる手段をいくつか紹介していきます。それぞれで向き不向きもありますので自分にあった副業を始めてみましょう。

 

ホームページ・ブログに広告を載せる

自分で作成したホームページやブログに広告を掲載するというものです。広告の表示やクリックなどでサイト運営者に対して広告会社から広告料が支払われるというものです。多くの人を集められるサイトを作ることができれば大きな収入を得られる可能性もあります。

 

動画の配信で広告料をもらう

みなさんもご存じのYoutubeでは、動画を自由にアップロードすることができます。さらに、一定以上の再生がされると、投稿者に再生回数等に応じて報酬が支払われるプログラムも用意されています。人気の動画配信者はそうした収益化プログラムで収入を得て生計を立てている人もいます。ちなみに、そういう人を「ユーチューバー」と呼びます。

 

写真の販売

ネットのウェブメディアなどでは「写真」を多く使います。素材として使える写真などをクリエイターが販売できるウェブサービス(フォトストックサイト)などもあります。写真が好きな方や画像素材などを作るのが好きという人に向いています。

 

ネットで仕事を受託する(クラウドソーシング)

ネットで仕事を受託することもできます。フリーランスと仕事を委託したい人を結び付けるようなマッチングサイトも存在しています。また、ハードルは上がりますが自分でホームページやブログなどを通じて仕事を受託する旨をPRして、仕事の依頼を受けるという方法もあります。

 

ネットショップの開業

ネットショップを作成し、そこで商品を販売するというものです。WEB制作に関する知識等も求められるほか、商材の仕入れなども行わなければならないなどビジネス的な要素が大きくなります。また、特商法などの関係で責任者は氏名住所などを公開する必要があります。

 

 

このようにインターネットを活用すれば様々な形で副業を始めることができます。特に、サラリーマンを続けながらでも就業後や土日などを活用して取り組むことができます。


もっと詳しく知りたいという方は「サラリーマン副業ガイド」などのサイトが詳しいのでお勧めです。多くのネット副業が元手(資本)がいらないというのが魅力です。「サラリーマンが副収入を得るメリット」にも書きましたが、こうした経験も自分にとってプラスの経験になるはずです。