知識ゼロからのお金の増やし方>収入の増やすための方法

収入の増やすための方法

普通の人がお金持ちになる方法」で説明した最も重要度の高い項目が「収入を増やすこと」です。稼ぎに追いつく貧乏なし、ということわざもある通り、収入を得る努力をすれば、それは結果として現れます。生涯を豊かに過ごせるかそうでないかというもの重要な要素は「どのように働きいくら稼ぐか?」というものが占めています


スポンサーリンク

多くの人にとって最大の財産「給料」

多くの人、特に若年層にとって最大の財産は「給料」です。この資本は働き方等によっても異なりますが、一般的な正社員労働者で生涯2億円を超える生涯賃金があることを考えるとわかるかと思います。
普通の人にとってこの労働市場から得られる収入というものが最大財産である以上、それを活用することが、収入を増やすという意味での一番の方法といえます。

 

人がもつ最大の資産は「労働力」

普通の人が持つ最大の資産は「労働力」です。人的資本というのは自分自身が稼ぐことができる財産と言い換えてもいいでしょう。多くの人は社会に出て「働き」その対価として「賃金」を受け取ることになるはずです。その労働力というものは人生における最大の資産です。
>>人がもつ最大の資産は「労働力」

 

正規社員と非正規社員との生涯賃金の差

近年の働き方における大きな違いを端的にあらわすものとして「正規社員と非正規社員」というものが挙げられます。平均的に正規社員として働いた場合の生涯年収は2億円超、一方の非正規社員であれば6000万円程度です。金額にして1億4000万円もの差が生じることになるわけです。この差を「節約」や「資産運用」などで埋めることは、普通の方法では無理です。
>>正規社員と非正規社員との生涯賃金の差

 

若い人ほど考えるべき「自分の価値」と自己投資

「自分の価値」を金銭的なものに例えると労働可能な期間が長い若い人の方が当然高くなります。また、その価値を何らかの方法で高めることができれば、生涯年収では大きな差を生じさせることもできます。「自分への投資」という言葉もありますが、投資によって自分の価値を高めることができれば「転職」などを通じてより高く自分を評価してくれる場に移ることも可能です。
>>若い人ほど考えるべき「自分の価値」と自己投資

 

たくさん稼ぐ力と同じくらい大切な「長く働ける力」

多く稼ぐ力を高めることは人的資本を高める上で大切です。その一方で「長く働ける力」というものも大切です。仮に老後に月20万円プラスで稼ぐことができれば年金問題はそれだけで解決することができます。高齢化社会で老後のあり方というものは一層問われることになるでしょうが、その時「長く働ける力」を身につけておくと相当有利になるはずです。
>>稼ぐ力と同じくらい大切な「長く働ける力」

 

 

副収入は追加的収入をえるチャンス

副収入(副業)というもは、給料にプラスして受け取れるという意味で収入を増加させることになります。最近ではサラリーマンでも副業を認める会社も増えてきました。また、副収入を得るための環境も変わってきておりインターネットなどを活用することでブログで広告収入を得たり、仕事を受託する人も増えており、稼ぎ方も多様化しています。

 

サラリーマンが副収入を得るメリット

サラリーマンを続けながら副収入を得るというのは実は大きなメリットがあります。追加的な収入が得られるというのはもちろんですが、副収入による本業のリスクヘッジや将来的な独立等を含めた展望といった意味でもメリットがあると考えられます。
>>サラリーマンが副収入を得るメリット

 

インターネットを活用した副業の方法と特徴

サラリーマンをやりながらでも続けることができそうなインターネットを活用した副業についていくつか紹介していきます。ネットショップの開業や、ホームページやブログでの広告収入を得ると言ったものまで多数あります。ここではそうしたネットで副収入を得る手段とそれぞれの長所、短所などを紹介していきます。
>>インターネットを活用した副業の方法と特徴

 

 

共働きという選択

夫婦で世帯単位の収入を上昇させるのに「共働き」という選択肢は大切なものです。特に生涯賃金が高い正規社員同士であれば、結婚後や出産後の退職を選択するよりも共働きという選択をすることは追加的収入を得る上でもとても魅力的です。

 

専業主婦のコストは1億円?

女性の中には「専業主婦」を求める方がまだまだ多いと聞きます。大学を卒業して一定のキャリアを積んでも結婚によってそれを捨てるのはもったいないことです。正社員の妻が結婚を機に退職するのであればそれによって失うお金は1億円ともいわれます。
>>専業主婦のコストは1億円?

 

共働きで考えておくべき家計管理のコツ

共働きで家計全体の収入が増えることは歓迎すべきことですが、上手に家計管理をしないとお互いで不満がたまったり、無駄な支出が増えてしまうことになるケースもあります。まずは共働きをする家庭で上手に家計を管理するポイントを紹介します。
>>共働きで考えておくべき家計管理のコツ

 

 

独立・開業という選択

サラリーマンとして会社勤めをするのではなく「独立して起業する」、誰にも雇用されない「フリーランス」という生き方をする。という意思を持っている方も多いかもしれません。

会社員という働き方は恵まれている

会社員・会社勤めに対してネガティブなイメージを持つ方も多いかもしれませんが、現代社会において会社員という働き方は制度的にも恵まれています。ノマドという言葉が台頭するようにフリーランスという働き方もしばし取り上げられますが、社会制度的には会社員という働き方は恵まれています。
>>会社員という働き方は恵まれている

 

 

サラリーマンが知っておきたいお金や税金の豆知識

サラリーマンの場合、税金や社会保険などの手続きはその大部分を会社が代わりにやってくれています。そうしたこともあって、税金や社会保険等の分野についての知識が少ない方も多いです。ここでは、そんなサラリーマンでも知っておきたい、お金や税金に関する豆知識を紹介していきます。

 

年収というのは「総支給」それとも「手取り」?
・サラリーマンでも節税できる

 

 

スポンサーリンク